コンパスグループ 100店舗達成のお知らせ

リハビリ特化型デイサービスの理学療法士の役割について

リハビリ特化型デイサービスの理学療法士の役割について

 リハビリ特化型デイサービス(通所介護)では、住み慣れたご自宅、地域で元気に過ごし続けたいという利用者様のニーズに合わせて、身体機能維持・向上を目的とし、リハビリテーションをメインに行っています。リハビリ特化型デイサービスでは、*1 機能訓練指導員を中心にリハビリテーションを行っていきますが、今回は機能訓練指導員に含まれる職種の一つ、理学療法士について詳しく解説していきます。

*1 機能訓練指導員…理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師が対象。いずれも国家資格保有者。

リハビリ特化型デイサービスでの理学療法士の役割とは?

 皆さんは、理学療法士の具体的な仕事内容とその「役割」についてご存知でしょうか?「理学療法士がリハビリをやってくれるのは知っているけど、具体的にどういうことをやってくれるのかは知らない」という方もいるのではないでしょうか?リハビリ特化型デイサービスでの理学療法士のサービス対象者は、病気・事故・怪我などで身体に不自由を抱えた方、加齢などにより身体機能が低下された方など様々です。機能訓練やマッサージはもちろん、ご自宅での家事・食事・入浴を自立度高く行っていただける様に、生活機能面も含めたリハビリプログラムをお一人ひとりに合わせて作成し、「身体機能維持・向上・回復」のサポートを行っています。

リハビリ特化型デイサービスでの理学療法士の仕事内容とは?

 ここからは、理学療法士の仕事内容について解説していきます。理学療法士は、主に「運動療法」「物理療法」を中心に利用者様の状態や目標に合わせて個別または集団で施術を行っています。また通われているご利用者様のご自宅での生活面にも気を配り、安全に生活が送れるように住環境を整備することも重要な役割です。

運動療法

 運動療法とは、「立つ」「歩く」「座る」「階段の昇り降り」など、日常生活上で欠かせない動作を安心・安全に行っていただくことを目的としています。

【運動療法の訓練内容・期待できる効果】
基本動作訓練 寝返り・起き上がり・立ち上がり・座るといった日常生活動作を、ご自宅での生活環境に合わせて訓練していきます。

【期待できる効果】
動作機能能力の再獲得、立ち上がり能力の再獲得
関節可動域訓練 関節可動域は、年齢と共に狭くなっていきます。狭くなった原因が、筋肉が硬くなったことが原因なのか、靭帯や腱が硬くなったためなのかを判断し、筋肉の硬さが原因の場合は、関節のストレッチを行います。

【期待できる効果】
関節・筋肉が固くなる予防、筋力低下の予防
筋力向上訓練 利用者様一人ひとりの筋力量に合わせて、筋力維持・増大のため体操・運動を行います。(マシントレーニング・重錘・ゴムバンド・徒手抵抗など)一人での動作が難しい方は、理学療法士が介助のもと、体操・運動を行います。

【期待できる効果】
筋力向上、基礎代謝の向上、体力維持、血流改善、生活習慣病の予防
歩行訓練 理学療法士が介助のもと、平行棒を使用して歩き方の指導や杖の提案などを行います。慣れてきたら階段昇降訓練・屋外歩行などのステップを上げて訓練を行っていきます。

【期待できる効果】
歩行能力の向上、バランス感覚の向上、転倒予防、下肢の筋力
バランス訓練 機能訓練士補助のもと、座位・立位の姿勢バランスや歩くときの歩行バランス能力を鍛えていきます。

【期待できる効果】
転倒予防

物理療法

 物理療法とは、熱・水・光・電気などの「物理的なエネルギー」を用いる治療法をいいます。デイサービス内にある代表的なものはホットパックなどの温熱療法や低周波などの電気療法のことをいいます。

【物理療法の治療内容・期待できる効果】
温熱療法 身体を温め、血行を良くすることを目的に「ホットパック」「赤外線」等を使用して治療を行います。

【期待できる効果】
筋肉痛・神経痛の痛みの緩和、血流改善、疲労回復
電気療法 電流(低周波~中周波)を身体に流し、電気刺激を患部周辺、狙いたい神経周辺に流し治療を行います。

【期待できる効果】
筋肉の収縮による循環の改善、筋力の向上

住宅環境の提案

 病気や事故、加齢などにより身体機能が低下し、以前のように日常生活動作や家事動作が出来なくなる方も多くいらっしゃいます。利用者様一人ひとりの家屋状況を機能訓練指導員が把握したうえで、福祉用具の提案、場合によっては住宅改修の提案をさせていただくことで、利用者様とご家族が生活しやすい環境づくりのサポートを行っています。

【住宅環境の主な提案内容】
玄関編 玄関に段差や階段がある場合、転倒する恐れがある方には、手すりの設置・スロープでの段差解消等の環境調整を行います。
寝室編 布団からの起き上がりや立ち上がりが難しい方には、介護ベッドの環境調整を行います。
浴室編 浴室内は、水回りということもあり転倒リスクがとても高いです。事故やトラブルなく入浴できるよ車椅子のまま入れるシャワーチェア、浴槽内での立ち上がり時に安心の手すりの設置など、幅広い提案や調整を行います。

その他業務

 リハビリ特化型デイサービスは、小規模デイサービス(利用者10人以下)・大規模デイサービス(利用者25人以上)、またサービス提供時間も半日型デイサービス・1日型デイサービスと利用者様ご自身で、自分に必要なサービス形態を選んでいただくことができますが、人員基準や施設の特性上、理学療法士が他職種の業務を同時に担うことも少なくありません。その際、利用者様の体調に合わせて判断を求められたり、内容によってはご家族への報告を理学療法士が担うこともあります。

  • バイタルチェック(体温・血圧・脈拍などの測定):利用者様送迎時、リハビリテーション・運動前後の健康状態の把握・記録管理を行います。
  • 食事評価、指導(一日型のみ):食事の際の姿勢の確認、補助具の提案などを行います。また他職種と連携して、誤嚥や飲み込み時の口腔内チェックを行い、食事形態に問題がないかも評価していきます。
  • レクリエーション:体操など利用者様全員で、行えるレクリエーションの企画・準備・実行を他職種と連携して行います。
  • ケアマネージャーへの経過報告:担当ケアマネージャーに随時、利用者様の経過報告や状態連絡を行い、多方面で利用者様をサポートできる環境づくりをしています。
  • 相談対応や指導:利用者様・ご家族様の双方の不安事、心配事に寄り添い、医療的根拠を持って、アドバイスや指導を行います。

 リハビリ特化型デイサービス勤務の理学療法士の役割は、身体機能維持・向上のための訓練だけではありません。利用者様・ご家族の意向を尊重し、他職種と連携し、自宅での生活を意識したリハビリテーションを行うことは、利用者様の身体機能維持・向上はもちろん、ご家族の介護負担を減らす手助けにもなります。理学療法士は、利用者様の生活の質を高めるため様々な視点からサポートしています。

関連記事

TOP