コンパスグループ 100店舗達成のお知らせ

リハビリデイサービスに常駐する有資格者とは?

リハビリデイサービスに常駐する有資格者

 リハビリデイサービス(通所介護)には、様々な職種の人が常駐しています。ここでは、通所されているご利用者様の機能訓練や生活でのお悩みに合わせて常駐している有資格者についてに詳しくご紹介していきます。

リハビリデイサービスに勤務する有資格者

 これからご紹介する職種たちは、機能訓練指導員(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師)とも言われています。国家資格を保有し、リハビリデイサービスの現場でそれぞれの専門知識と役割を持って大切なご自宅で元気に過ごしたいという高齢者の方々の希望に沿った、リハビリテーション・サービスを行っています。

理学療法士

 理学療法士は、リハビリデイサービスでご利用者様の機能改善や状態の悪化防止をサポートします。利用者さんが自立した生活を送れるよう、起立や歩行といった基本動作機能のリハビリテーションを行う役割です。リハビリデイサービスに通うことで潜在能力を発揮できるよう、生活動作の支援を行います。

リハビリ特化型デイサービスの理学療法士の役割について

作業療法士

 リハビリデイサービスで働く作業療法士は、利用者さんの心身ケアに取り組みます。入浴・食事・掃除・読書といった応用動作や心理的なリハビリテーションに取り組むのが特徴です。

看護師・准看護師

 デイサービスは医師が常駐しない施設ですので、勤務する看護師は医療といった観点から利用者の健康状態を確認し、利用者様が健康で快適に過ごせるようにサポートすることが求められます。リハビリデイサービスは運動主体なサービスのためを体の状態から運動を行って問題ないか判断するのも大切な仕事のひとつです。体調不良の利用者が出たときや、けが人が発生したときは、適切な処置を行います。

リハビリ特化型デイサービスの看護師の役割について

柔道整復師

 理学療法士とも類似しているようにも捉えられがちですが、機能の維持・向上を目的とする理学療法士に対して、柔道整復師は、怪我などに対して、元の正常な状態に戻すことを施術の目的とし手技療法・マッサージで直接的にアプローチします。柔道整復師ならではの施術や運動療法で機能訓練指導員として業務を行います。

介護職員

利用者さん一人ひとりに適したリハビリメニューを提供の際に、無理のない運動のサポートや指導、見守りなどを行います。また、利用者さんが安心して過ごせるよう、環境づくりや雰囲気づくりを行います。

生活相談員

ご利用者様やそのご家族の相談窓口としての役割を担いながら、デイサービス内での介護業務を兼務しています。ご利用者様が充実した介護サービスを受けられるように環境を整えたり、ご利用者様やその家族からのご病気や生活の相談にのったり、契約の手続き業務など多岐に渡ります。

施設を安全に運営するための人員基準については下記のページで詳しくご紹介しています。

リハビリデイサービスの人員基準について

関連記事

TOP