コンパスグループ 100店舗達成のお知らせ

フランチャイズで開業して失敗しないために、失敗の原因を知ろう

フランチャイズで開業して失敗しないために

 FCで開業しているから、誰でも成功しているわけではありません。失敗することも考えられるので、しっかりとどういった原因があるのかを知っておくことが重要です。フランチャイズ加盟を検討してる方は是非、参考にしてください。

不祥事が起きる

 自分で運営している介護施設ではないところで不祥事が起きても、風評被害を受けるおそれがあります。介護施設での刑事事件は、ニュースで取り上げられることも多いです。そういったニュースがおこると、たとえ自分が運営していない施設でも、介護事業全体のイメージが悪くなる傾向にあります。そのため、関係ないところで不祥事が起こったとしても、自分の本部にも影響がでることがあるのです。

本部の指示に従う必要がある

 独自のサービスを考えても、本部があるためそこに従う必要があります。そのため、自分では独自の事業展開をすることができないのです。また、労働環境にも注意が必要です。本部で決められることも多いため、自分の自由に働くことができないことも少なくありません。そのため、どういったFCにするのかということをしっかり選ぶ必要があるのです。

本部を選ぶときにも注意が必要

 介護保険法で国から指定されているため、介護施設の規定はほぼ一緒です。そのため、本部を差別化することが難しいといわれています。介護のFCを選ぶときには、自分はどういったことを主軸として選ぶのかということをしっかり決めたうえで、選択する必要があります。

失敗率を心得ておく

 フランチャイズ加盟店になり、開業すると3年後には70%のお店が生き残っています。この数字は、他のビジネスモデルと比べると大変成功率が高いと言えます。そのため、始めて起業する人やリスクを抑えて利益を得たい方に人気があります。しかし、残りの30%は失敗してしまうというのも事実です。

失敗する原因について

 ここからはよくあるフランチャイズに失敗してしまう原因について詳しく見ていきましょう。

資金不足

 一番よくある原因は、資金不足により開業する日が遅れてしまい、利益を出すのが遅れてしまうことです。初期費用をしっかり用意できなければ、光熱費やテナント代など出費がかさみ、経営を続けるのは難しくなってしまいます。自己資金だけで初期費用を十分に用意できれば一番良いですが、足りない場合は銀行からの融資を利用してスタートする人が多いです。

 フランチャイズに契約する際は、加盟料の他に保証金や様々な諸経費が必要になります。フランチャイズ 加盟店に必要な初期費用はだいたい目安がありますが、思った以上に出費は多いのです。そのため、自己資金だけでなく初めはなるべく多く集めておいた方が安心です。フランチャイズを始めて1年から2年の間は準備期間と捉えて、初期費用を上手に回すことが大切です。

 銀行からの融資を受ける際は、金利や返済期間などを考慮に入れて、1〜2年後にしっかり返せるような経営計画を立てましょう。開業したばかりの時期は集客や人材の確保などやることが多いため、しっかり資金計画をすることが必要です。

能力不足

 フランチャイズは業界未経験でも始められるため、多く人は資金を用意できたら勢いで始める方もいます。しかし、マニュアルが完備されているフランチャイズビジネスであっても、当然ながら経営の基本は知っておくべきです。もちろん、フランチャイズ加盟店のオーナーが能力不足の場合は経営に失敗してしまいます。

 開業したばかりの頃は、集客することや宣伝ばかりに力をいれてしまいますが、人材を確保したり教育する能力も求められます。 フランチャイズの本部では人材育成の研修が行われているので、経営能力が心配な場合は積極的に参加すると良いでしょう。フランチャイズの経営についての本を読んだり 経営者同士で情報を交換したり、積極的に経営を学ぶ姿勢が大切です。

宣伝不足

 フランチャイズの宣伝は多くの場合、本部がテレビコマーシャルやネット広告などを打ち出してくれます。しかし、自分の店舗の集客が難しい場合は自らも宣伝をする必要があります。フランチャイズによって宣伝にかける資金やサポート体制も変わりますが、すべてを本部に任せておくと失敗しやすくなるからです。最近は、SNSや口コミサイトでの集客方法が主流になってきているので、顧客に口コミをしてもらったりネットでの広告を多くすることも大切です。

自己管理能力が低い

 フランチャイズに加盟する人の中には脱サラ組も多く、たとえば前職では会社や上司の管理下で仕事をしていたものの、自分で独立するとなると自分で自分を管理しなければならなくなるため、その結果失敗するパターンが多いそうです。一般的には、自力で起業するよりも成功率は高いと言われているフランチャイズですが、だからといってサラリーマンよりラクだとか、起業するよりラクに稼げるという話ではありません。サラリーマン時代に、人に言われたことだけやっていた人には向かないでしょう。本部に言われたことだけ、マニュアル通りにやっただけではうまくいきません。制約のある中でも、自分なりにアイデアを出して、改善していく姿勢が常に求められます。

コスト削減に固執する人

 経営において、コスト削減は非常に重要な観点ですが、必要なところまでコストを削ることはリスクになります。たとえば宣伝費。 傾向として、宣伝費を惜しむ塾長の場合はうまくいっていないことが多いそうです。投資と考えて思いっきりコストをかけるところ、経費削減しても問題ない所を緩急つけて運営できなければ、長く続けることが難しいでしょう。時には思い切ってリスクを取らなければ、リターンもないということを念頭におきましょう。

経営を学ばない

 フランチャイズ加盟店は雇われの身ではなく、自身が事業主となって行うものです。加盟店は同じフランチャイズのもとで経営を行いながら、それぞれ独立して採算を取ります。フランチャイズに失敗する人は、この点を大いに勘違いしています。自身で経営を学ばず、本部がなんとかしてくれるだろうという考えがあるから失敗してしまうのです。FCするオーナーは加盟店の一員である前に経営者なのですから、経営を学ばずにうまくいくはずがありません。フランチャイズで成功しているオーナーはもれなく経営を学んでいます。

 本部からの経営アドバイスをしっかり聞き、自身でも学ぶことで成功への礎を着実に築いています。フランチャイズで成功するには「経営者であることを自覚する」、これを忘れてはいけません。

本部のアドバイスを聞かない

 フランチャイズにはスーパーバイザーが各店を巡回し、アドバイスをしてくれる本部があります。スーパーバイザーの巡回がなくとも、本部から経営や事業のアドバイスをしてくれます。これはフランチャイズに加盟するメリットのひとつで、業界で実績を築いてきた本部からのアドバイスは非常に有益です。ところが、本部がいくらアドバイスをしても一向に聞き入れず、独走して失敗してしまうオーナーもいます。

 加盟店は自身で試行錯誤することも必要ですが、本部のアドバイスを聞かないのでは加盟した意味がありません。フランチャイズのパッケージは開業後の経営のアドバイスも含めて価値のあるものなので、それを聞かないのはもったいないことです。

 成功ノウハウが詰まったフランチャイズで失敗する人の特徴は、物事を表面的なイメージでとらえる人です。フランチャイズに加盟する前は、「自分のお店を持ちたい」「夢を実現したい」と、すべて受け入れ契約しても、すべてが順調にうまく行くといったことはありません。いざ売上が減少した時や、自店から不良品が出てブランドイメージを傷付けてしまった時、お客様から苦情が出た時など、何か問題が起きたとき、フランチャイザーとトラブルになるケースもあり、契約を解除せざるを得ない場合があります。問題が起きたときこそ助け合うのが本当のパートナーです。

 ブランドやイメージに惑わされず、本当に信頼できるフランチャイザーか見極めることが大切です。

最後に

当社のデイサービスは全国にフランチャイズ展開をしていますので、介護・デイサービス運営にご興味をお持ちの方は是非、下記までご連絡、ご相談ください。

リハビリデイサービス「コンパスウォーク」の事業内容はこちら

フランチャイズ加盟をご検討中の方

新規事業、業態転換をお考えの経営者様。異業種参入90% 撤退率0%のコンパスウォーク「フランチャイズ加盟をご検討してみませんか?」売上の約9割は介護保険料収益と、景気に左右されにくいビジネスです。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 メールでのお問い合わせ

 お電話でのお問い合わせ

048-657-8876

【受付】平日 9:00~17:00

FC加盟のご検討に

個別・オンラインも開催

関連記事

TOP