コンパスグループ 100店舗達成のお知らせ

デイサービス開業後、多店舗化が必須?!

デイサービス開業後、多店舗化が必須?!

 自分のお店を開業し、1号店が軌道に乗ってくると、店舗を増やし、より多くの人々に自分のサービスを提供したい、という考えが店舗ビジネスのオーナーには当然出てくると思います。デイサービスを開業し、多店舗化することで、事業上、多くのメリットを享受できます。今回は多店舗化で得られるメリットと成功の秘訣についてお伝えします。

多店舗化によるメリット

 まず、店舗ビジネスの多店舗化によって得られるメリットとして、下記4点があげられます。

その地域での認知度の向上

 例えば、地域に寄り添った多店舗出店がされれば、その地域での知名度が上がり、お客様にも信頼や安心を与えることが出来ます。

スタッフのキャリアパス形成によるモチベート

 働くスタッフに対しても、キャリアアップとして、一般社員からスーパーバイザーもしくは、新規出店責任者といったステップアッブを目指すことが出来ます。

仕入原価コストダウンなどの経営効率アップ

 店舗が増えれば、機材などの仕入れの交渉力の向上や店舗間の人財の融通などによって、経営効率アップが期待できます。

店舗運営における問題点の早期解決

 店舗間での情報共有や、業績のいい店舗と不採算店との比較分析が行いやすいため、問題点の早期解決に役立つなどのメリットが挙げられます。また、良い意味で多店舗同士競い合うことで、スタッフの意識やサービスの向上にも期待できます。

多店舗化の成功の秘訣:自身の分身を作るための仕組み作り

 次に店舗ビジネス多店舗化成功の秘訣について考えていきます。単店の場合、オーナーの想いを細部にまで伝える店舗作り(サービス、スタッフの教育など含む)が可能ですが、店舗が増えるにつれ、その想いの密度が薄まってしまいます。そのため、概ね3店舗以上に店舗を多店舗化していくには、オーナー自身が現場に居なくても、現場のスタッフだけで、オーナーと同じ気持ちと考えを持って、オーナーと同様のレベルでお客様へサービスを提供できる状態、つまりオーナーと想いを同じにする人材育成と「仕組み作り」が必要となります。

仕組み作りで必要な視点は下記2点です。

成功要因の分析

 まず、最初に成功している要因の分析をします。 商品サービス、接客態度、ターゲットの属性、コンセプト、立地、価格など、更なる多店舗展開を成功させるため、どのような要素によって、成功が構成されているかを把握し、それをノウハウとしてマニュアル化し、それを実行するための研修体制を整えていく必要があります。

マニュアル化の整理

 また、多店舗のスピード化を図るうえでは出店のための資金調達力、多業態化を図るうえでは、上記に加えて、業態開発を行う機能も必要となっていきます。成功要因を抽出し、それを水平展開するためのマニュアル化整理、更にマニュアル通りに実行するための人材教育が、多店舗展開を成功させるうえでは必要となります。

最後に

当社のデイサービスは全国にフランチャイズ展開をしていますので、介護・デイサービス運営にご興味をお持ちの方は是非、下記までご連絡、ご相談ください。

リハビリデイサービス「コンパスウォーク」の事業内容はこちら

フランチャイズ加盟をご検討中の方

新規事業、業態転換をお考えの経営者様。異業種参入90% 撤退率0%のコンパスウォーク「フランチャイズ加盟をご検討してみませんか?」売上の約9割は介護保険料収益と、景気に左右されにくいビジネスです。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 メールでのお問い合わせ

 お電話でのお問い合わせ

048-657-8876

【受付】平日 9:00~17:00

FC加盟のご検討に

個別・オンラインも開催

関連記事

TOP