コンパスグループ 100店舗達成のお知らせ

デイサービス事業・介護事業への新規参入デイサービス事業・介護事業への新規参入

デイサービス事業・介護事業への
新規参入

経営多角化による新規事業は企業成長の原動力

なぜ?全国に介護事業所が必要なのか?

 現在のビジネスが上手くいっているのは、現市場と企業サービスがマッチしているからではありませんか。しかし市場は刻一刻と変化し続けています。こと最近は時代の流れとは別に社会情勢の変化によるニーズ市場が激変し、これまで順調だった企業も苦境に立たされています。

これまでのように一つの事業だけに集中し、今が上手くいっているから大丈夫だと考えていては企業として生き残っていくことは難しいでしょう。なぜなら、一つのビジネスには必ず終わりが来るのです。

だからこそ、経営の多角化戦略による新規事業は企業が成長するために必要な原動力となるのです。

企業が多角化することでの一番のメリットはリスク分散することができることです。ひとつが低迷しても複数の事業を展開することで経営の安定化を図ることができます。また、それにより生まれたシナジー効果により資産・人材・知識・経験などを最大限に活用することが可能となります。たとえサービスや製品に寿命がおとずれても多角化されていれば企業の寿命を切り離すことが可能になります。

経営の多角化によるメリット

  •  リスク分散ができる
  •  シナジー効果が期待できる
  •  プロダクトライフサイクルに対応できる
  •  経営の安定化

 実際、多角化戦略による新規事業を立ち上げる企業は増加しています。一方、新規事業で実際に成功し継続できている事業は10%未満といわれています。その原因のひとつにノウハウのなさが挙げられます。

 

既存事業とは異なる業界での新規事業には、いままでのノウハウや技術といったリソースが利用できないため、その業界に「精通している人材を雇う」か「コンサルタントを活用する」かもしくは「M&Aをする」かになります。しかしこの場合、多くの時間と資金が必要となります。大企業ならそれも可能でしょう。しかし中小零細企業にとってはそこまでの時間も資金もかけられないのが現状です。

 

新規事業の成功においては「スピード」がもっとも重要になります。企業にとって時間は重要なリソースです。時間を無駄に使うと本業の既存事業にも影響を及ぼしかねません。けれども新規事業を成功させるためには、新規事業に関する知識とノウハウが必要です。

 

弊社のフランチャイズ事業は、開店へ向け本部がしっかりサポートさせていただきます。介護保険であるため、初めて参入される際には戸惑う部分や知らないこともでてきます。その部分を、余すことなく、フォロー致します。

 

加盟店様へのノウハウ共有とともにスタッフへの店舗研修やオープンを見据え事前研修も行います。また、オープン後には、最新システムを導入して「見える化」を進めており、一目みて、何が問題で何ができているのかを的確に加盟店様へお伝えできる仕組みも整っています。

需要急増!伸びる介護業界

介護市場の価値は今後も非常に高い!

 多数のメディアでも言われている通り、日本は超高齢化社会の中にあり、2015年4人に1人が高齢者でした。30年後には、2.5人に1人が高齢者の時代に近づいております。つまり、高齢者の比率が増大し、支える人材が不足する現実が待っているということです。また、介護業界に紐づく介護保険費用も急激に増加していくと考えられており、年齢を重ねて、病気や障害を抱えたとしても、個別サービスやリハビリ・マシーンなどを駆使して、社会復帰できるご利用者様を輩出していける介護事業所の開設が求められています。

介護市場の価値は今後も非常に高い!

コロナ禍にもかかわらず撤退率0%の出店状況

コロナ禍にもかかわらず撤退率0%の出店状況

主力事業だけで
大丈夫ですか?

  •  コロナ禍で大幅に売上が下がってきた・・・
  •  違う業態で経営の安定を図りたい
  •  安定収益が出せる新規事業や多角経営事業を探している

 新型コロナウイルス感染症拡大により、これまで順調だった事業の売上が短期間で大幅に減少し、主力事業の先行きに不安を抱えている経営者の方が多くなっています。今、そしてコロナ後に向けて新しいサービスや業態転換、新規事業など多角化に取り組むべく事業を探しておられるのではないでしょうか。どのような事態にも対応できるように、これまでとは全く違う業態で経営の安定化を図り、安定した収益を出していきませんか。

国策である介護保険事業を
第2主力事業に!

売上の約9割は介護保険料収益

 介護事業は国策である介護報酬を売上としているために安定した収益性を見込めることを魅力としています。現在の弊社の標準モデルが利益率が42%をほこるモデルのため、仮に介護保険報酬改定で変動があってもビクともしないスキームになっています。

地域社会に根付き、たくさんの人が必要としている事業

デイサービス事業は社会貢献ビジネスであり、国が推奨していることはもちろん、地域の方々の誰もが必要としている事業です。最新の調査から介護事業の市場規模は現在の1.6倍(25.8兆円)まで伸びると試算され、今後40年間は介護の需要が途切れることはなく、将来にわたり安定経営が続くものと考えられています。

歩くに特化したデイサービス「コンパスウォーク」の魅力

コンパスウォークとは?

 リハプライム株式会社は創業以来、お年寄りを介助して護る「介護」ではなく人生の大先輩を敬って護る「敬護」を企業理念として掲げています。人生の大先輩に「敬意を払う」当たり前のことができる社員教育、当たり前の生活を回復するための「歩行改善プログラム」、リハビリを楽しく継続するための「介護整体」そして、リハビリの専門職の理学療法士をはじめ医療の国家資格をもつ専門家の科学的なリハビリの手法を取り入れた、歩行訓練を専門的に本気で取り組む、「リハビリデイサービス」それが「コンパスウォーク」です。

コンパスウォークとは

有資格者の配置により重症度の受け入れも幅広く可能

一般的な介護施設は、軽症のご利用者様の受け入れが多くなっています。しかしコンパスウォークは理学療法士、看護師、柔道整復師などの有資格者を配置しているため、重症度の高いご利用者様も受け入れることが可能になります。そのため軽症~重症の方まで幅広くご利用いただけます。

専門性が高いデイサービスにケアマネージャーの関心度も高い

高齢者の生活支援をプランニングするケアマネージャーも、重症度の高いご利用者様をどう支援するか悩まれていることが多いです。一般的なデイサービスでは受け入れが難しい場合でも、専門職を配置しているコンパスウォークなら受け入れ可能なことが多くなるため、ケアマネージャーの関心度も高くなりご利用者様にご紹介いただける可能性が高まります。

専門職を配置する施設体制により算定できる加算

専門職を常勤で配置しているコンパスウォークでは、個別機能訓練加算という2種類の加算を算定することができます。有資格者がいないデイサービスに比べ、1日に得られる加算が高く設定されています。専門職を配置する施設体制は重症度の方を幅広く受け入れるだけではなく、介護報酬が高くなります。

ここが違う!一般的な介護施設との圧倒的な違い

コンパスウォークの収益性

コンパスウォークの収益性

飲食業界と比較しても短期回収

飲食業界と比較しても短期回収

最短4カ月で単月黒字化も

コンパスウォークが
選ばれる理由とは?

事業多角化におけるコンパスウォーク(デイサービス)収支モデルの実績

事業多角化におけるコンパスウォーク収支モデルの実績

人材の採用と育成

離職者が多い介護業界では深刻な人材不足が問題になっています。いわゆる「人材不足倒産」といわれる離職や採用難など人手不足による収益悪化で倒産する企業も急増しています。事業継続には、優秀な人材の採用・育成が必要不可欠です。弊社のコンパスウォークは、理学療法士などの資格保持者そして、介護職などがチームとなりご利用者様に最良のサービス提供します。そのため、加盟店様に安定した経営をして頂くために人材確保を重要視し、弊社独自の求人サイトによるスタッフ採用のサポートを行っています。また、採用したスタッフの育成として様々な研修体制を整え、経営の安定化を図ります。

FCサポート

営業サポート

安定したデイサービス運営をする為に必要な営業方法をスタッフへ研修・フォローします

店舗運営サポート

リハビリ機器の説明や各スタッフとの連携についてオペレーション研修で身につけます

複雑な請求業務サポート

介護報酬の請求業務は制度や加算を理解する必要があるため一連の流れを研修でサポートします

オープン前サポート

地域での営業方法、契約に必要なスキルのロールプレイング研修、接客研修、運営研修などを行います

人材の採用と育成

人材確保には自社の採用サイトで対応可能です。人材育成にはFC本部による教育制度が整備されています

様々な業種・業界からの参入実績のご紹介

建築業界 佐々木社長

コンパスウォークは人に喜ばれる、日本に広げたいストック型ビジネス

株式会社ササキハウジングカンパニー
佐々木社長

建築業界は一現場が終わると、その段階で完結してしまいことが多いですが、コンパスウォークは「敬護」という人生の大先輩を敬って護るという新しい哲学の元、地域に貢献し、人を大切にし、人に喜ばれ、人が集まってくる場所となっておりますので、常に利用されている方や地域の方と関わりをもつことができます。その人の人生に寄り添っていく広がるべき新しいストック型ビジネスだと思いました。こんなやりがいのある事業はなかなかないと感じています。

 参入の経緯についての対談動画はこちら

健康食品業界

出店エリア:
秋田県
出店数:
2店舗
店舗名:
コンパスウォーク大曲、コンパスウォーク横手
出店動機:
「健康で幸せな人生のお手伝いをする」を理念として掲げ、この大好きな秋田に何かお手伝いや恩返しできないか、この秋田でビジネスフィールドを確立できないものか、秋田の元気をつくれないか以前から探していたんです。

建築業界

出店エリア:
青森県
出店数:
2店舗
店舗名:
コンパスウォーク八戸新井田、コンパスウォーク八戸柏崎
出店動機:
介護ではなく人生の大先輩を敬って護「敬護」という哲学にとても魅力を感じました。青森にないのであれば、広げたい、そう思ったのがきっかけでした。

飲食業界

出店エリア:
福島県
出店数:
3店舗
店舗名:
コンパスウォーク郡山桑野、コンパスウォーク郡山安積、コンパスウォーク郡山富田
出店動機:
加盟のきっかけはスタッフのご家族への介護による介護離職なんです。スタッフの介護問題や自分たちが実現したい地域や社会を考えた時に必ず必要なものだと思いました。

建築業界

出店エリア:
岡山県
出店数:
2店舗
店舗名:
コンパスウォーク円山、コンパスウォーク益野
出店動機:
ずっと長くお付き合いして頂いてるお客様が我々が手伝わせていただいた住宅で生涯幸せに暮らせるようなお手伝いができたらいいなと思ったことや、社内の介護離職というのも加盟のきっかけでした。

コンパスヴィレッジの創設

コンパスヴィレッジ構想とは敬護という想いをもったスタッフによる「シニアの在宅生活」をサポートするために400m~500mの範囲で展開する小規模で、顔の見える「地域包括システム」です。

コンパスヴィレッジ構想

 弊社の理念である「敬護」に込めた想いは只々お年寄りを介助して護る「介護」施設ではなく、利用される方々皆様の心と体の最良の回復を目標に、人生の大先輩である方々を敬い、そして護りたい。そんな想いを「敬護」に込め、温かい施設づくりを目指しています。

 コンパスの独自の地域包括システムはシニアの方を敬って護る『敬護』という想いをもったスタッフたちがリハビリデイサービスの「コンパスウォーク」を軸に、周辺に、自立支援型デイサービス、サードステージデイサービス、交流型デイサービス、訪問看護、訪問介護、定期巡回、介護タクシー、福祉用具、美容室、生はちみつ食パン専門店、移動スーパーなどを配したコンパスの地域包括サービスです。

会社紹介

会社名 リハプライム株式会社
所在地 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目7−5 ソニックシティビル26F
TEL:048-657-8876
URL:https://keigo-group.co.jp/
設立 平成23年2月21日
資本金 4000万円
代表取締役 小池 修

資料請求
申し込みフォーム

    必須お名前
    必須会社名
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須市区町村
    必須以降のご住所
    必須弊社フランチャイズを知ったきっかけ インターネット検索コーポレイトサイトをみて加盟店オーナー様からの紹介各種セミナーSNSをみてyoutubeなどの動画をみてその他

    弊社の個人情報保護方針及び個人情報の取扱いについては、こちらをご参照ください。

    プライバシーポリシーについて 

    TOP